株式分割すると株価は上がる

株主が携える1株を、複数株に分割して株式数を繰り返すことを株式分割という。1株10万円の株を、2株に分割した場合、株主が保有している株式数は倍になり、1株当たりの株価は理論上5万円に下がります。
1株当たりの株価が下がれば、これまで高くて手を出せなかったユーザーの買いが入り込み易くなり、株価の上昇にもつながります。株式分割は値上がりしすぎて買い手が付きにくくなった株の流動性を上げるなどの目的で行われます。
株式分割を行う企業は株価が尻上がりに上昇し続けて高くなりすぎた、成長株です事があります。
ただし買い手がつかない理由が悪賢い理由である場合、株式分割が行われても株価が下がることもあります。会社のニュースリリースや売上や利益の推移、割高感を見る指標PERなどをチェックして、株式分割が行われた背景を調べておきましょう。

この日までに約定すれば分割の権利が得られる日を「権利最後」って済む、その翌営業日を「権利落ち日」という。
株価は権利落ち日に分割比率によって減少する。効力発生日まで、あらたに付与される新株は売却できない。

カードローン自己破産とは